会員規約 会員規約

会員規約

会員規約(PDF)

第1条(定義)

本規約によって定める条項は本フィットネスクラブCIRFIC(サーフィック)を運営する株式会社ビーアイシー(以下「会社」という)と業務受託先が運営するCIRFIC及び全ての施設(以下総称して「本クラブ」という)に適用されるものとします。

第2条(会員制度)

本クラブは、会員が本クラブの施設を利用し、会員の健康の維持・増進を図り、会員相互の交流および親陸を深めることを目的とします。

第3条(入会資格)

本クラブに入会できる方は、本クラブの趣旨に賛同し本規約を承諾した方とします。(以下「メンバー」といいます)

  • 未成年者は、親権者の同意を得た者
  • 医師などから運動することについて制限を受けていない者
  • 伝染病、その他、人に伝染または感染するおそれのある疾病がない者
  • 本クラブの諸施設の利用につき、介添人を帯同せず自信で独立して利用できる能力があり、かつ健康状態に問題がないことを本クラブに申告できる者
  • 刺青、タトゥーを入れていない者
  • 暴力団その他反社会的な組織(暴力団とつながる企業舎弟の組織を含む)に所属していない者
  • 過去に会社から除名通告または除名処分を受けたことがない者
  • 本クラブ以外の第三者が経営する本クラブと同様のクラブ等から前号と同様の通告および処分を受けたことがないと本クラブに申告できる者
  • その他、会社が本クラブの利用者としてふさわしくないと判断した者

第4条(入会手続)

本クラブに入会する方は所定の入会手続きを行い、本クラブの承認を得た上、定める会費・入会諸費用をお支払いただきます。また、必要により医師の健康証明書の提出を求めることがあります。入会する本人が未成年の場合は、保護者の同意を得た上で入会してください。この場合保護者は、自らメンバーになった場合と同様に本規約に基づく責任を本人と連帯して負担し、本クラブの免責に同意するものとします。

第5条(諸規則の遵守)

会員は本規約、確認書及び本クラブが定める諸規則を遵守しなければなりません。施設の利用あたっては本クラブの指示に従わなければなりません。

第6条(入場の禁止及び退場)

会員は本規約、確認書及び本クラブが定める諸規則を遵守しなければなりません。施設の利用あたっては本クラブの指示に従わなければなりません。

  • 刺青タトゥーなどのある方
  • 暴力団関係者
  • 本規約および本クラプの諸規則を遵守しない方
  • 医師等により運動を禁じられている方
  • 妊娠中の方
  • 伝染病、その他、他人に伝染または感染する恐れのある疾病を有する方
  • 酒気を帯びている方
  • 本クラブが不適当と認めた方
  • その他本クラプの施設を利用することが困難であると会社が認めた方

第7条(退会)

会員は、各月の指定日までに本クラブに所定の退会届を提出することにより、退会することができます。電話等口頭での退会は受け付けません。なお、本クラブが退会届を受領しない限り会費支払い義務は発生するものとします。

第8条(諸手続き)

会員が入会申込書に記載した内容に変更があった場合は、速やかに変更手続きをしなけれぱなりません。電話等口頭での変更は受け付けません。本クラブより会員の住所あてに通知する場合は、会員から届け出のあった最新の住所宛に行ない、本クラブは通知の未達等以後の責を負いません。

第9条(会員資格の停止および除名)

本クラブは、会員が以下の各号の一に該当するときは、当該会員の会員資格を一定期間停止または除名し、本クラブ利用契約を解除することができます。

  • 本クラブ運営会社、グループ会社または会社の名誉、信用を傷つけたとき
  • 本規約その他会社の定めた諸規則に違反したとき
  • 会費その他の債務を滞納し、本クラブからの催告に応じないとき
  • 本クラブに対し虚偽申告をし、または重大な事実を隠匿したことが判明したとき
  • クラプの連営秩序を乱し、または乱すおそれがあると会社が認めたとき
  • 他の会員に迷惑となる行為をしたと会社が認めたとき
  • その他、会員としてふさわしくない行動があったと会社が認めたとき
  • 本クラプ入会後、暴力団等の反社会的勢力に関与したと会社が認めたとき

2.前項による会員資格の停止または除名を受けた会員は、その後、本クラブの運営するすべての施設に入会および立ち入ることができないものとします。

第10条(資格喪失)

会員は、以下の場合にその資格を喪失します。

  • 退会
  • 死亡または法人の解散
  • 除名
  • 運営上重大な理由により本クラプを閉鎖したとき

第11条(会費及び利用料等の改定)

本クラブは、別に定める事務手数料、会費および利用料等を改定することができます。
2.前項の改定を行う場合、本クラブは1か月前までに本クラブの館内掲示などによって会員に告知するものとします。
3.本クラブはキャンペーンまたはセール等の日程、期間および内容につき事前に会員に告知する義務を負わないものとします。

第12条(会費等の支払)

会員は、本クラブの定める会費等を所定の方法で支払わなければなりません。会費等の種類、金額、支払期限及び支払方法等は本クラブが定めるものとします。(月会費は、会員が本クラブのメンバー資格を有する限り、現実に本クラブの施設を利用しない場合も支払わなければなりません。

第13条(施設の閉鎖・利用制限等)

本クラブは、以下の理由により施設の全部または一部を閉鎖・利用制限等することがあります。

  • 気象、災害、その他やむをえない理由等により本クラブが営業を行うことが妥当でないと認めたとき
  • 警報・注意報などにより本クラブが営業を行うことが妥当でないと認めたとき
  • 施設の点検、補修または改修をするとき
  • 法令の制定、改廃、行政指導、社会経済情勢の著しい変化、その他やむをえない理由が発生したとき
  • 年末年始、春季、夏季の一定期間の休業、その他本クラブの都合により本クラブが休業を必要と認めるとき

第14条(事故発生)

本クラプで会員本人または第三者に生じた人的物的事故については、本クラブに故意または過失がある場合を除き、本クラブは一切の損害賠償の責を負いません。会員が同伴したピジターについても同様とします。

第15条(盗難および紛失)

会員およびピジターが本クラプの利用に際して生じた盗難および紛失については、本クラブに故意または過失がある場合を除き、本クラブは一切の損害賠償の責を負いません。

第16条(忘れ物、拾得物の取り扱いおよび拾得物の拾得者の権利放棄)

本クラプにおける忘れ物について、会員は、本クラブで定める一定期間経過後に一切の権利を放棄したものとし、本クラプにて処分することに異議を述べないものとします。ただし、腐敗等安全衛生上の問題を生じるおそれがある場合、本クラブは、期間の経過前であっても処分を行うことができるものとします。

第17条(会員の損害賠償責任)

会員が本クラブ内において自己の責に帰すべき事由により、会杜または第三者に損害を与えた場合は、会員はその賠償の責に任ずるものとします。会員が同伴したビジターについては、同伴した会員が該当ピジターと連帯して損害賠償の責に任ずるものとします。

第18条(解散)

会社はやむをえない事由による場合には本クラブを解散することができます。
2.解散の事由が天災、公権力の命令・強制、その他不可抗力による場合、本クラブを解散することができます。
3.本クラブの解散が生じた場合、本クラブは会員に対して補償は行いません。

第19条(本規約の改定)

会社は本規約、細則、利用規定など本クラブの運営・管理に関する事項を改定することができます。その改定した事項の抗力は全ての会員に適用されます。

プライバシーポリシーの内容は改定されることがあります。改定された場合はホームページに掲載いたします。

pagetop